おもいのままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち上げ
座敷から賑やかな声が聞こえてくる。
今日は 先週あった体育祭の打ち上げ。
青組の3年生12名が我が家に集まって200円の会費で
ジュースやお菓子を自分たちで買い出しに行って
ゲームをしたりおしゃべりをしたり賑やかにしている。


皆で頑張った体育祭だから 3年最後の体育祭だから
皆で思い出に残るように打ち上げがしたいと言っていた次女。
どこか外でやると何かと問題が起こりやすいので
それならうちの座敷を使えば良いと場所提供したのだ。


賑やかに音楽をかけて それを超えるような笑い声。
人生ゲームとモノポリを出したのだけど ゲームが盛り上がっているらしい。。^^


青春だなぁ~。。
悩み多き年頃でもあるけれど 楽しい時でもある。。
男女を通して友達関係が不可欠の時。。



子育ては大変だけれど
子供の夢を一緒に追って 子供の夢を叶えるお手伝いが少しでもできて。。


子供たちの声を聞きながら
私は一人こっちの部屋の片づけをしたり本を読んだりしながら
少しだけ。。。
中学校時代を思い出し 私も青春時代を味わわせてもらったよ。。^^


将来は
夏休みで帰省していた長男は8月のうちに京都に帰り
次男は「一般&職場の部」で助っ人で吹奏楽中国大会に出場したので
それをすませ 私が広島へ講座に行く日に広島へ帰って行った。
2人とも 来週あたりから授業が始まるだろう。


それぞれが帰る前に 親子面談?(親子3人)で話をした。


うちはお寺なので やはり将来は後継ぎを。。。とずっと思っていた。
長男ではないけれどお寺を継いだ夫はもちろん
実家もお寺であり女2人姉妹の私もそれはずっと意識してきた。

でも。。。最初からレールが敷いてあるのは やはりかなりの抵抗があるものだ。
お寺の後継ぎを意識すると共に そのレールに対して抵抗する気持ちも痛いほどわかる。


ずっと長男を見て来て。。。
お寺の後継者という気持ちを少し切り離してやらなければいけないのではないかと思うようになった。
「逃げる」事ばかりを考える癖がついているような気がしていた。

荷が重ければ 誰も背負いたくはない。
けれど どの道を歩んでも荷がないということは絶対にない。


逃げることばかりを考えていると どの道の荷も背負いたくなくなる。
そうなる前に。。どの荷なら背負っても良いと思えるのか。。
そういう目を養って欲しいと思った。


長男には後継ぎの荷を下ろし 卒業後の選択肢を広げてみる事を提案し
次男にも卒業後の自分の道を見据えて生活して欲しいと伝えた。


子供たちが自分の道を見つけて歩んでくれることを切望して話をしたけれど
なぜか。。。私は涙ぐんでしまった。



となりの晩ごはん
昨日はお寺関係の研修会。
「坊守(ぼうもり)」と呼ばれる住職の妻という立場の同世代6人で参加してきた。


帰り道 お茶をしてスーパーで夕飯の買い物をした。

いつもは自分流で買い物をして自分流の献立を考えて料理をするけれど
初めて行くスーパーで 何人かと買い物をするというのは滅多にないことなので
とても新鮮に感じた。



ある一人は スーパーに行く前に旦那さんから電話が入っていて
なんだか良いことがあったらしく。。
「今夜はステーキにする♪」といそいそと買い物。。^^
以前にも彼女は旦那さんの希望のモノを買っていたような。。
「へぇ~そうなんだあ~」と思いながら 微笑ましくも思い
「こういうの良いなぁ~」と思った。




他の人の「今夜は〇〇にしようかなぁ」という言葉も聞きながら
「隣の晩ごはん」を想像しつ 買い物をして 家路についた。


連続講座
前回 大雨で断念した広島の講座に行って来た。
午前中2時間ほどの講座だけれど
みんな勉強する気持ち一杯で来ている。。その部屋にいるだけでその熱意が伝わって来る。



講師の先生は静岡から来られていて
私はその先生の連続講座を受け初めて2年になる。
最初は この私のカチカチになっている頭が邪魔をして大変だった。


今までの自分ではなんか違うぞ。。。


というのだけはわかるので
途中放棄しそうになっても とにかく通った。
先生の言葉と楽譜を照らし合わせて目で追い楽譜にチェックを入れたり
どんな気持ちや方法でレッスンを進めて行くかというノートを取り。。。


何度も講座を受けるうちに 少しずつ先生の言葉が頭で理解できるようになり
普段のレッスンに実践するように心がけると
体験を通して心に響くようになってきた。


以前は先生の言葉を受け止めるだけで精いっぱいだったのが
今は こういう風にすれば自分が楽しくなるというのがわかってきている。


レッスンを受けている生徒が楽になるというのもあるけれど
それ以上に レッスンする側の私が楽しくなるのだ。



弾けるようになる



事ばかりを考えていると 生徒が理解できていない事柄を無視してしまう事になりがちになる。
無理やりその曲「だけ」を教え込んでしまうことに繋がって行く。
その曲「だけ」では 次の曲には繋がっていかない。



大切な事を確認しながらレッスンを進めて行くことで



生徒は自分の力で弾けるようになる




この作業の大事さが理解できるようになった。




何が理解できていて 何が理解できていないのか


それを確認する事によって生徒のピアノのレベルは上がって来る。




また 頑張ろう!




心の中で具体的なレッスンを組み立てながら広島から帰ってきた。



季節を感じる 人生を感じる
昼間の気温は相変わらず高いけれど
朝晩は かなり涼しくなって来た。
特に明け方は窓をあけていると寒いぐらい。
扇風機も夜はまわさなくて良くなって来た。



そして 日が短くなって来たなぁと思う。
我が家の物干し場は北向きなので朝日は斜めに当たるようになっている。
夏場は早くから日が当って暑いのだけれど
最近になって 日が当たり始める時間がかなり遅くなって来た。




こおろぎが家の中で飛び跳ねていたりする。

こおろぎの声やくつわ虫の「がちゃがちゃ」という虫の声も聞こえる。




「秋」は「こんにちは」とか「こんばんは」とか挨拶をしながらやってくるわけではない。
季節って感じるものだから。。
どこで感じるかは人それぞれけれど 秋を感じない人は誰もいないだろうな。。



ふと。。季節って人生と似ている気がした。。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。